【文系卒フリーターがエンジニアになって2年が経過】やってきたことのまとめ

Lifestyle

見ていただきありがとうございます、モリタです。

もうすぐ就職してから満2年が経ちます。

この2年間、エンジニアの職務で経験してきたことをまとめてみました。

これからIT系の技術職に就きたいと思っている方にとって、一つの例として参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

簡易的な経歴

  • 新人研修(3か月) : Pythonでプログラミング学習、コンピュータ科学を学ぶ
  • 結合テスト~総合テスト(3か月) : 研修後はテストからスタート
  • API開発、バッチ開発(6か月) : 初の開発(Java,PL/SQL)。詳細設計~リリースまでやる。
  • 運用と並行して別案件の要件定義~詳細設計(進行中) : リリース後に運用を担当。

今までやったことを簡易的にまとめるとこんな感じです。

新人研修

元々フリーターでバンドをやっていましたが、ドラマ「シリコンバレー」を見て「エンジニアになりたい!」と思いエンジニアになりました。

最初の研修ではPythonを使用してプログラミングを学びました。(何か一つ、自分でアプリを完成させるという課題だったので、自分の好みを選択すると、おすすめのコード進行を返してくれるというアプリを作りました。)

何か一つ完成させることで、全体の流れを掴むことができました。

テスト

最初はテストから始めました。

設計書を読んでテスト仕様書を書いていくのですが、仕様書の作り方がわからず苦労しました。

  • 過去資料を参考にする
  • 境界値、マトリクス、大事

先人の方たちが残してくれた過去資料のおかげで、無事に作ることができました。

テストをするとき、境界値はとても大切であると思いました。

ちゃんとマトリクスを作って、抜け目なくテストをしました。

それから、この頃基本情報技術者試験を受けました。

【基本情報技術者試験、合格体験記】元フリーターが資格取得できた勉強方法
この記事では、既卒フリーターだった私がIT業界に就職し、基本情報技術者試験に合格するまでの勉強方法、試験当日のことについて書いています。

API、バッチ開発

API開発を行い、Javaで製造しました。

ちょうど緊急事態宣言が出た時で、なにもわからずのまま在宅になったので、部屋で一人で製造を行うことになりました。

毎日わからないことがわからない状態でしたが、先輩と通話できたおかげ何とか乗り越えることができました。(先輩と通話している時間が唯一の救いでした。)

APIのリリース後は、PL/SQLでバッチ開発をしました。

  • まずは作り上げる
  • その後細かい部分を修正していく
  • テストでバグを見つけ改善する
  • 性能を上げる
  • ログをしっかりと出す

ひととおりシステムを作ってみて、まずは作り上げることが大切であると思いました。そこからどんどん細かい部分を修正していきました。

それから、丁寧なログを残しておくと、後々の工程で助かることが多いため、丁寧なログを心がけようと思いました。

運用

システム全体のリリースが完了し、引き続き運用を行うことになりました。

追加開発を行うことになったりいろいろありましたが、日々正常稼働しているので良かったです。

毎月データを集計して報告する作業があったので、エクセルとシェルスクリプト、コマンドを使いこなせるようになりました。

要件定義~詳細設計

運用と並行して、別プロジェクトの要件定義にも参加しました。

どうすれば要望を実現できるか。どんな機能をつけるか。

いろいろな可能性を提案し、話し合いを進めて要件を固めていきました。

まとめ

今回の記事では、入社後の流れの一例をご紹介しました。

振り返ってみると、けっこういろいろなことを経験することができました。

入社当初と比べたら、できることが増えて自信も付きました。

これからも経験を積んで、スキルアップに励みます。

読んでいただきありがとうございました、また是非お立ち寄りください。