【バンドを始めたいと思ったらやること】たくさん妄想して、たくさん曲を創ろう

Music

見て頂きありがとうございます、モリタです。

「バンド組みたい!でも、何から始めたらいいんだろう」

この記事ではそんな悩みをお持ちの方に向けて、バンドを組むまでのおすすめの過ごし方をご紹介します。

※あくまで個人の見解ですので、「こんな人もいるのか」という軽いお気持ちでご覧ください。

スポンサーリンク

バンドを組むまでにどれだけ妄想できるかが大切

私は、高校生の頃からオリジナルバンドを組みたいと思っていたのですが、実際に結成できたのは大学入学後の秋でした。

その期間、ひたすら妄想していました。

「バンド名はどうしよう。」

「何人でやろうかな。」

「最初はみんなで鍋をしたい。」

「こんなライブをしたい。」

「こんな曲を創りたい。」

「みんなでいろんな場所を冒険したい」

この期間が、後から振り返ってみると「けっこう幸せだった」と感じたりします。

バンドを早くはじめられるに越したことはないですが、バンドを組めない間、妄想をたくさんした期間もけっこう大切なものになります。

この期間に妄想力を鍛えておくと、後々のバンド活動がより楽しいものになります。

そして、妄想力が高まると発想力、創造力もあがります。

妄想力という、あまり具体性のないことを書いてしまいましたが、

妄想力=思い描く力

どんなバンドにしたいのか、どんなバンド活動をしていきたいのか。

思い描く力があることは素晴らしいことです。

すべてはそこから始まります。

もし今、「バンドを組みたいけれど、なかなか組めない」という状況にいる方は思う存分、妄想してみてください。

そこで思い描いたことが後々、バンドの原動力になるはずです。

曲を創りまくる

頭が爆発するくらい、これから組むバンドの妄想をしたら曲を創りまくりましょう。

曲が増えすぎて困ることはありません。

人に聴かせるか、しまっておくかはバンド活動が始まってから決めればよいので、この時期はとにかく曲を貯め続けましょう。

練習にもなり、自分なりの曲作りの方法をつかんでいけると思います。

「曲作りってどうやればいいの。」

私も初めの頃はこんな悩みをもっていましたが、作っていくうちに気づきました。

「曲作りは学問である。」

誰かのやり方を聞くことや教科書を必死に読むことも、参考にはなりますがそれがすべてではありません。

用意された答えはなく、自分自身で答えを創っていくことが大切であると思います。

  • とりあえず作り始める
  • 繰り返しながら、「あ、なんかいい曲できた」という感覚と出会う
  • また作り続ける
  • だんだん、自分なりの曲作り方法ができてくる
  • また作り続ける

答えは、自分で試行錯誤しながら自分だけの方法を確立していくことで見つかります。

そして、その答えは常に変化し続けていきます。

曲作りは0から1を創造する、とても素敵なことです。

バンドが始まるまでの間たくさんもがいて曲作りと向き合うことで、確実に曲作りのスキルは上達します。

とは言え、ほんとに最初の最初、

「まじで、どうすればいいの。」という方もいると思うので、

私のおすすめは、

  • コードを覚える
  • コードのルールを理解する
  • 曲の構成(A,B,サビなど)を理解する
  • コード進行を考えて、構成を組み立ててみる
  • それを録音して聴きながら歌ってみる

こんな感じから始めてみるのが良いかと思います。

始めたばかりの頃はこの本を読んでました。面白いので、曲作りを始めたい方におすすめです。

既述したように、曲作りは自由であり、自分だけのやり方が必ず見つかると思うので、あまりとらわれずに自由に楽しむのが一番です。

バンドに生かせる、バンド以外の時間を過ごしておく

バンドは「ものづくり」の側面が強く、曲作りはバンド活動をする上で欠かせないものです。

曲作りをする上で、その人自身の感性や経験、考えていることは大きく影響します。

無意識に「ああ、東北の実家帰りたいなぁ。」と思ったことがきっかけで曲ができたり、

眠れずに朝が来たとき、朝と夜の入り混じった空間に感動して曲ができたりします。

その人が生きてきたこと全て、曲作りに還元することができます。

そして、恥ずかしい失敗や悔しい思いをしても、そういった経験すべて曲作りのエネルギーにして昇華することができます。

考え方次第ではあると思いますが、私はどんな経験もやがては自分のエネルギーに変わると思っています。

オリジナルバンドにとって、バンド以外の経験ってけっこう大切です。

将来、笑い話にできる自分だけの経験をたくさんしてみることをお勧めします。

まとめ

紆余曲折ありましたが、私は今、バンドが大好きです。

バンドって楽しいなと思います。

一番根底にある、その気持ちを忘れていた時期もありましたが、今回この記事を書いていて、「やっぱりバンドっていいなぁ。」と思いました。

この記事を読んで頂いている方の中で、

今、バンドを組みたくても組めずに悩んでいる方も多いと思います。

私もそうでした。

でも、「バンドを組みたい。」と思ってもがいていたその時間がやがて自分にとって大切なものになります。

その時期に聴いていた大好きな音楽が、ずっと自分を支えてくれる大切な曲になります。

その時間に思い描いたこと、作った曲がバンドを進める原動力になります。

あせらずじっくり、バンド活動開始に向けてたくさん妄想し、たくさん曲を創ってみてください。

読んで頂きありがとうございました。また是非お立ち寄りください。