【月曜日の疲れがつらくて休みたい】朝から疲れてしまう原因と対処法

Lifestyle

見て頂きありがとうございます、モリタです。

この記事では月曜日のだるさ、疲れの原因とその対処法について身体的な問題と心理的な問題に分けて書いています。

  • 「出勤するのがつらい。。」
  • 「家から出たくない」
  • 「もっと休みが続いてほしい」

こんな思いをお持ちの方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

身体的な問題

  • 寝不足(夜更かし)
  • 暴飲暴食
  • 遊びすぎた
  • 夜中に腕立て伏せをしすぎた

前日の夜に早く寝て朝早く起きるのが最善の生活習慣ですが、なかなか眠れずに月曜日を迎えてしまうこともあるかと思います。 身体的な問題の場合は、比較的乗り切るのは容易です。

「体が疲れ切っている。それでも起き上がり会社(若しくは学校)へいこうか熟考している。偉すぎる」

自分の疲れている状態を認め、それでも起き上がろうとしている現状を褒めてあげましょう。疲れている状態を受け入れることで割と楽になります。

足取りは重いかもしれませんが、無心で体を動かし会社(学校)にさえたどり着けばその日は100点満点です。

無理に気合を入れようとせず、ハードルを下げて脱力した状態で過ごす日があっても良いと思います。

楽しみを決めておく

ほんの些細なことでも良いので、毎週の楽しみを見つけておくのがおすすめです。私は週刊少年ジャンプのおかげで、月曜日を乗り越えることができています。(※毎週月曜日発売)

辛いと感じる日でも、ヒーローの一言で体がどんどん回復しています。

オートモードで乗り切る

「とりあえず、今日を乗り越えよう。」

それくらいのモチベーションで良いと思います。以前バイト先の友達が「オートモード」という天才的な発想を教えてくれました。

何も考えずに、ただ無心で体を動かしているといつのまにか時間が過ぎてバイトが終わる。

その画期的なシステムのことを彼は「オートモード」と名付け私に教えてくれました。

ここぞという時には本領を発揮しなければいけませんが、無理せずオートモードで月曜日を乗り切るのも一つの方法です。

心理的な問題

  • 人間関係で悩んでいる
  • 会社にいくことを考えるだけで苦しくなる
  • 仕事の負担が重く、過度なストレスを抱えている

心理的な問題が要因の場合はその人の状態によって判断が異なります。あまりにも心が重く感じるときは無理せず休んだ方が良いです。

ブルーマンデーという言葉があるように月曜日は憂鬱な状態になりやすく、仕事で過度なストレスを抱えている場合、「また今日から一週間、仕事へ行くのか。。」という心理的な負担がより大きくなります。

一時的な問題の場合は、有休をとったり会社の方と相談し業務内容を改善すれば対処できるかもしれませんが、ずっと続く場合は仕事自体を変えた方が良いです。(※学校の場合も同様。無理に学校へ行かなくても学び方はいくらでもあるし、心を壊してまで登校する必要はありません。)

心が重い場合は早めの休息が必要

心が重く感じてしまう状態が続く場合、なるべく早めに一度休息をとりましょう。有休は労働するうえでの義務なので堂々と取得して大丈夫です。

一度ゆっくり休んで、仕事から離れる時間が必要です。

  • 実家に帰省する
  • 何もせずにぼーっとしてみる
  • 素敵な景色を眺める
  • ストレスのかからない好きなことをして過ごす

とにかく思いっきりのんびりしましょう。時間をかけて心を休ませ、安らぎを与えてあげることで少しずつ回復していきます。

焦らずで大丈夫です。

そのうえで、その仕事での目標ややりがい、楽しみよりも辛さが勝る場合はその仕事を辞めて良いと思います。もうすでに「その仕事=苦痛な時間」でしかないので、苦しい思いばかりするのはもったいないです。

「人生の転機。新しい道へ進むチャンスなんだ。」そう思って、気兼ねなく新しい道へ踏み出しましょう。

すぐに走り出す必要はありません。ゆっくり休んだり、回り道をする時間も人生には必要です。

人生は長いので気楽に行きましょう。

まとめ

月曜日の憂鬱な気持ちは誰もが経験することであると思います。単純に体が疲れている場合はすぐに回復しますが、心の負担が大きい場合は無理せず休むことも大切です。

適度にリフレッシュしながら、月曜日を快適に過ごす自分ルールを作っておくことがおすすめです。

読んで頂きありがとうございました。また是非お立ち寄りください。