【CD収納で困った時におすすめのアイテム】場所をとらず大切に保管する方法

Lifestyle

見ていただきありがとうございます、モリタです。

この記事では、おすすめのCD収納方法について書いています。

  • ものが増え、部屋が狭くなるのは嫌
  • でも大切なCDは捨てられない
  • 綺麗に保管したい

興味のある方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

CDの収納で試行錯誤

私は音楽が大好きで、聴かない日はありません。

幼少期から現在まで、たくさんのCDを購入してきました。

定期的に断捨離をして、本当に大切なものだけを保管するようにしていますが、それでも、収納に困っていました。

いろいろ試した結果、ウォールポケットとCDボックスにたどり着きました。

壁掛けのウォールポケットが一番おすすめ

Amazon.co.jp: 日本製 SAKI(サキ) ウォールポケット CD(15P) クリアー W-178 w56×h85cm(ポケットマチなし)
Amazon.co.jp: 日本製 SAKI(サキ) ウォールポケット CD(15P) クリアー W-178 w56×h85cm(ポケットマチなし)

CDの収納は、ウォールポケットが一番おすすめです。

  • 場所をとらない
  • インテリアとして最適
  • とりだしやすい

壁のかけるだけであるため、ほとんど場所をとりません。

いつでもお気に入りのジャケットを眺めることができ、インテリアとしてもおしゃれです。

すぐにとりだすことができます。

厳選して、いつまでも持っておきたいお気に入りのアルバムを飾っています。

CDボックスでなるべくコンパクトに収納

Amazon|天馬(Tenma) ディスク収納ボックス クリア 幅17.5×奥行30×高さ15cm CDいれと庫 ライト|収納ケース・ボックス オンライン通販
天馬(Tenma) ディスク収納ボックス クリア 幅17.5×奥行30×高さ15cm CDいれと庫 ライトが収納ケース・ボックスストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ウォールポケットに15枚入れて、そのほかはCDボックスで保管しています。

  • 密閉できて、汚れない
  • 重ねて収納できる

密閉できるため、ほこり汚れなどの心配がありません。場所に合わせて、複数のボックスを重ねて収納できるため、デッドスペースを有効活用できます。

気分でローテーション

定期的にウォールポケットのCDとボックスのCDを入れ替えることで、気分転換にもなります。

いろいろな作品のジャケットを、自由自在に飾ることができるのでおすすめです。

まとめ

サブスクリプションが主流になっても、思い入れの深いお気に入りのCDはずっと持っておきたいです。

ウォールポケットやボックスを使うことで、ストレスなく収納できるためおすすめです。

読んでいただきありがとうございました、また是非お立ち寄りください。