【プロテインの選び方】どれを買えばいいかわからない時のおすすめ判断基準

Lifestyle

見ていただきありがとうございます、モリタです。

この記事では、プロテイン選びで迷った時のおすすめ判断基準についてまとめています。

「プロテイン、いろいろありすぎてどれを選んだらいいかわからない。」

魅力的な商品がたくさんあるので、迷ってしまう方も多いのではないかと思います。

私もいろいろな商品を試して、自分に一番合うプロテインにたどり着きました。

判断材料の参考として、是非ご覧ください。

スポンサーリンク

目的に応じた種類を選ぶ

プロテインには動物性たんぱく質、植物性たんぱく質の2種類があります。

  • ホエイプロテイン(動物性)
  • カゼインプロテイン(動物性)
  • ソイプロテイン(植物性)

よく耳にするのはこの三種類ではないかと思います。

ホエイ、カゼインはどちらも牛乳から生成されますが、大きな違いは吸収の早さです。

ホエイは水溶性なので吸収が早く、カゼインは不溶性のため固まりやすく吸収がゆっくりです。

ソイプロテインは大豆由来のため、イソフラボンが豊富に含まれており、美容効果も期待できます。

  • ホエイ⇒素早くたんぱく質を補給したいとき
  • カゼイン⇒空腹を防止したいとき
  • ソイプロテイン⇒美容・健康効果を高めたいとき

それぞれの目的に合った種類を選ぶのがおすすめです。

優先すべきはたんぱく質含有量

種類が決まったら実際に商品を決めていくのですが、そのときに一番優先しているのはたんぱく質含有量です。

プロテインを飲む最大の目的は、十分なたんぱく質を吸収することです。

味や価格も大事ですが、まずはたんぱく質含有量を見てみましょう。

商品によって、けっこう違います。

たかが数グラム、されど数グラムです。

毎日飲むものだからこそ、小さな違いにこだわりましょう。

たんぱく質1gあたりの価格で決める

たんぱく質含有量を把握できたら、次は価格です。

たんぱく質1gあたりいくらなのかを計算してみると、どれが一番お得なのかわかります。

値段 ÷ たんぱく質の量で計算してみてください。

例えば、1kg2500円、たんぱく質含有量90%の商品であれば

  • 1000g(1kg) × 90%でたんぱく質は900g
  • 2500円 ÷ 900g = 約2.8円

1gあたりの価格を基準にすると、どれが一番お得なのかわかります。

成分・安全性で選ぶ

ただし、「一番安い商品を選べば大丈夫」というわけではありません。

いくら1g当たりの価格が安くても、余計なものが含まれていては最良とは言えません。

たんぱく質以外の栄養素、成分についても見てみましょう。

  • 炭水化物、脂質の割合
  • 着色料、保存料、人工甘味料

炭水化物、脂質も大切な栄養素なので、割合を見たうえで自分の目的を阻害しないのであれば問題ありません。

もし減量中で極力脂質を抑えたいという方は、脂質が低い商品を選んだ方が良いです。

また、着色料、保存料、人工甘味料などは飲みやすくしてくれる効果がありますが、「なるべく控えたい。」という方もいるかもしれません。

そのような方は人工甘味料不使用のプロテインがおすすめです。

ステビアという植物性由来の甘味料を使ってほんのり甘さがあるものや、甘味をつけていないプレーン味などがあります。

成分をしっかり見て、自分の条件に合うものを選びましょう。

飲みやすい好みの味にする

成分をしっかり見て商品が決まったら、最後は味です。

それぞれの好みで飲みやすい味を選びましょう。

また、何種類か併用するのもおすすめです。

私は、家ではプレーン味、職場は抹茶やココアなど甘みのあるものにしています。

【プレーン味プロテインの美味しい飲み方】一番おすすめのアレンジはきな粉
見ていただきありがとうございます、モリタです。この記事では、プロテインのプレーン味を美味しく飲むおすすめの方法につい...

いろいろ試して自分のお気に入りを見つける

もし気になる商品があったら、実際に試してみるのが一番です。

いろいろ試して、自分のお気に入りを見つけてみましょう。

私は、だいたい1か月に3種類(1kg×3)購入しています。

2つは毎月固定のお気に入りですが、1つはなるべく新しい商品を選ぶようにしています。

判断材料で厳選したうえで、「これ飲んでみたい。」と思ったものを買っています。

まとめ

プロテイン選びで迷ったら、判断材料をもとにして段階的に絞り込んでいきましょう。

  • 自分の目的に合った種類を選ぶ
  • たんぱく質含有量で選ぶ
  • 1gあたりの価格を明確にする
  • 成分・安全性を確認する
  • 好みの味を選ぶ

絞り込んだ上で、良いと思った商品があれば、いろいろ試してみるのがおすすめです。

きっと最良のプロテインが見つかると思います。

少しでも、お役に立てたら幸いです。

読んでいただきありがとうございました、また是非お立ち寄りください。