【正社員でも髪型自由は大切な条件】自由を楽しむライフスタイル

Lifestyle

見て頂きありがとうございます、モリタです。

この記事では、「髪型自由」を選んで生活している私が感じる、「髪型自由」のメリットについて書いています。

  • 髪型自由が必須条件
  • 就職を機にバッサリは嫌だ。。
  • 自由を楽しみたい

このような思いをお持ちの方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

­仕事に縛られず思い通りの髪型にできる

まずは何といっても、自由であることが最大のメリットです。

髪型の制約がなく、何にも縛られないという自由を手に入れることができます。

いつでも髪型を変えることができ、いつでも思い通りの髪型を楽しむことができます。

私は、大学1年生~就活期まで、「髪型自由」のバイトを選んでいました。(1か所だけ、アパレルなら大丈夫だろうと思い働き始めたら規定がとても厳しかった場所がありました。そのため一年間だけ黒髪短髪でした。)

その後、就職活動をして内定を頂きましたが、髪型を自由にできないことに思い悩み辞退しました。

もちろん、それだけが理由ではありませんが、

自分の髪型を自由に変えられるライフスタイルをとても幸せに思っているため、その選択をしてよかったです。

髪型は一つの個性であり大切な方も多いと思うので、「髪型自由」を大切にしたいと思うことは十分価値のある考えだと私は思います。

ただ残念ながら、日本で会社勤めをすることになると、業種にもよりますが大半の場合は会社の規定や周りの目があるため、この自由は失われてしまうことが多いです。

「髪型自由」の職種

「髪型自由」でも務めることが可能な業種は結構あります。

  • 美容、ファッション関係のお仕事(美容師、スタイリスト、アパレルなど)
  • 飲食業(調理担当者)
  • エンジニア、オペレーター
  • 音楽関係(ライブハウス、楽器店、音楽講師など)
  • 建設現場のお仕事
  • デザイナー、カメラマン

美容師の方はお仕事に直結するので髪型はとても大切です。洗練されたおしゃれな髪型をされています。

飲食業は一見厳しそうに見えますが、調理担当者は基本的にキャップやタオルなどで髪を隠すため、自由な場合が多いです。

エンジニアやオペレーターの方も基本的にはデスクワークのため、制限は緩いことが多いです。

また、SE(システムエンジニア)の場合はコアタイム制を導入している会社も多く、固定勤務時間(会社に出勤しなければいけない時間)が短く、在宅ワークが可能というメリットもあります。

音楽関係のお仕事は、かなり独創的な髪型をされている方も多いです。

また、楽器店やライブハウスなどで働いている方は過半数の方がバンド活動をしているため、髪型の制限はほぼありません。

ただし、ライブハウスの雰囲気(バー営業に力を入れている場所など)によっては、あまり明るすぎる髪色はNGという場合もあります。

このように、業種によっては会社勤務でも「髪型自由」が可能な仕事もあります。ただし、技術職が多く、将来的には独立する割合が高い業界が多い傾向にあります。(飲食店フランチャイズ、独立開業など)

「髪型自由」の条件を選択する場合、何か一つ突出したスキルを身につけることが大切になります。(どのお仕事でも共通することではありますが、技術職では特に個人のスキルや経験値が収入に直結します。)

清潔感とあいさつは人の何倍も大切にする

自由とは言え、見た目の第一印象は何をする上でも大切です。

自分のことをよく知っている方の前であれば、どんな髪型をしていても信頼関係を築くことができているため、見た目による誤解は生まれません。

しかし、初対面の方の場合は最初の挨拶をしっかりとしなければ、「なんだろう、この人。特殊な髪型だなぁ、、」という印象になってしまいます。

せっかく自分の好きな髪型をしていても、第一印象で誤解を生んでしまうような素振りはとてももったいないです。挨拶は人の何倍も大切にするようにしています。

それから、清潔感は絶対に失ってはいけません

そのために日ごろのダメージケアは必須です。毛先が痛んでいたり、ボサボサの状態だと、せっかくのヘアスタイルが面影もなくなってしまいます。

自由だからこそ、自己管理をしっかりと行い、清潔感を保つことが大切です。

「髪型自由」を最大限に楽しむために、ダメージケアは欠かさず行うようにしています。

­季節ごとのスタイル、カラーを楽しむ

ずっと同じお気に入りの髪型を続けることも素敵ですが、季節ごとにポイントカラーを入れてみたり、スタイルを変えてみたり、変化を楽しむことも素敵です。

私は基本的なスタイルは変えませんが、少し前や横を変えてみたり、春はグレージュで少しクールな感じ、夏はトーンを明るくして爽快な感じ、秋冬はボルドーで温かみのある感じを出したりと、季節によっていろいろ変えています。

中でも、トーンをおさえて温かみをだした秋冬のボルドーは大好きなカラーなのでおすすめです。

このような感じで、季節ごとに違ったスタイル、カラーを楽しめるのも「髪型自由」を楽しむポイントです。

まとめ

髪型を自由に決められることは、私のライフスタイルにおいて必要不可欠な要素の一つです。

美容室で新しいヘアスタイルにしてもらった時の喜びや、次はどんなヘアスタイルにしようかと考えてワクワクする時間。

いつでも思い通りの髪型にできるという自由さはとても魅力的です。

もし「髪型自由」という条件でお悩みの方がいたら、その考えを尊重する価値は十分にあると思います。

また、いろいろな職種を知り、可能であればその職種に就いている方にお話しを聞くことで、自分に合ったライフスタイルを見つけ出せると思います。

読んでいただきありがとうございました。また是非お立ち寄りください。