【新卒で就職しない選択】無理せず自分に合った生き方をしよう

Lifestyle

見て頂きありがとうございます、モリタです。

この記事では、新卒で就職をしない選択をしたことについて書いています。

「新卒で就職しないのはもったいない」

「新卒で就職するのが当たり前」

「新卒を逃したら、大変なことになるのではないか」

就活をしている方、もしくはこれから就職をしようか考えている方の中には、「新卒での就職」に悩みをもっている方もいるかと思います。

私も大学生の時、おおいに悩みました。そして新卒では就職しませんでした。

以前の私と同じような悩みをもっている方に読んで頂けたら嬉しいです。

スポンサーリンク

新卒にとらわれる必要はない

日本の就職活動において、確かに新卒枠は有利です。募集要項によっては卒業見込みの方は応募できても、既卒では応募できない場合もあります。

どうしてもやりたいことがあってその会社に入らないとできないことである場合、その会社が新卒のみの募集であれば新卒で就職したほうがいいです。

しかし、「他にやりたいことがあるのに大学を卒業するから就職しないといけない。」という理由であれば、無理に新卒にとらわれる必要はないとおもいます。

あまり気がのらないままなんとなくで就職するより、やりたいことを思いっきりやった方がいいです。

たまたま大学卒業時に就職をする人の割合が多いだけで、就職のタイミングは人それぞれの自由でいいと私は思います。

「大学時代に興味をもったことをもっと極めてみたい。」

「仕事はほどほどに、ゆっくりとできる生活をしたい。」

就職はあとからでもできますが、20代の時間はあとから取り戻そうと思っても戻ってきません。就職はあくまで選択肢の1つであり、絶対にそうしないといけないという決まりはありません。

自分の時間をどう使うかしっかりと考えたうえでの選択であれば、新卒で就職しないという道は大いにありだと思います。

それから、実際に働き始めるとそこまで新卒と既卒にこだわることもなくなります。

今は転職をされる方も多く経歴も人それぞれなので、「新卒で入らないと一生後悔する」みたいなことはほとんどないと思います。

もし、不安な方はこちらの記事で既卒の就活について書いているのでお読みください。

私は新卒で就職しない選択をしましたが、特に困っていることはないです。

もし、就職以外に時間を使いたいことがある場合はその生き方を選んでみても良いと思います。

就職はあとからでも可能なので、その時にしかできないことをした方がいいです。

新卒にとらわれる必要はありません。

就活はしたほうがいい

前項で就職は人それぞれの自由であると書きましたが、就活はしてみた方がいいと思います。

就職をしようかどうか迷っている方は、就活をすることで新たな発見や考えが生まれるかもしれません。

「就職はしない。」と思っているかたも、

就活をしたうえで、就職をしないのか。就活をしないで、就職をしないのか。

では異なります。

大学生の就活は大学時代にしかできないことなので、1つの経験としてやってみることをおすすめします。

私も大学4年生のとき就活をしましたが、今まで知らなかったことを知ることができ、視野が広がりました。けっこう楽しかったです。

どんな風にみんな働いているのかを実際に見てみることで、就職へのイメージが変わるかもしれません。

もしかしたら、やりたいと思っていたことは就職したほうがやりやすくなるかもしれません。

人それぞれに必ず発見はあるはずなので、就活をしてみる価値は十分にあります。

就活をしたからといって、必ず就職しなければいけないという決まりはないので、もし悩んでいる方は大学生時代の思い出として行動してみるのがおすすめです。

時間の価値を深め、自分の時間軸をもつことができる

就職しない生き方を選択すると、時間の価値を深めることができると私は思います。

あらかじめ決められている時間はなく、1日24時間すべて自分次第になるため、時間についての考え方はけっこう変わりました。

好きな時に、好きな分だけ、好きなことをすることができます。

「今日ディズニーいきたい」とその日の朝に思ったら、平日でも開園からいくことができます。(平日ディズニーおすすめです。)

「実家に帰りたい」と思ったら、すぐに帰ることができます。

自分の思うように時間を使うことができるので、思い立った時にすぐ実現可能です。

時間の自由を手に入れることができるのは、とても幸せなことであると思います。

ただし、自己管理をしっかりとしないと一瞬で生活リズムは崩れます。

私も、だいぶだらけていた時期もありました。

しっかりと自己管理を行えば時間の価値はどんどん高まっていくので、自分の時間を多く持ちたい方にとっては理想的な生活であると思います。

就職しない生き方をしたことで、時間の価値を深め、自分の時間軸をしっかりともつことができるようになりました。

固定観念がなくなり、決断力を高めることができる

大学⇒就職という道のりからはそれるため、自然と固定観念はなくなります。

基本的に、就職をしなくても生きていくことができるとわかります。

「新卒で就職しないと困る」という心配もなくなり、変化を楽しむ余裕が生まれます。

人生は選択の連続であり常に変化していくので、変化を恐れずに決断できることは大きな強みになると思います。

その決断が世間的に多数か少数かで悩むよりも、自分はどんな生き方をしたいかで選ぶほうがいいです。

何事も経験。いつか自分のエネルギーに変わる

どんな道のりを選んだとしても、変化のタイミングは訪れます。

そのため無理に過去の決断にとらわれず、違う方向へ進みたいと思ったら

そのときの自分の気持ちに従うことが一番良いと私は思います。

今は就職したくないと思っているけれど、もしかしたら、数年後に気持ちが変わるかもしれません。

もしそうなったら、その時に就職をすれば良いだけです。

どんな選択をしても、無駄になることはありません。

その選択をして経験したことが、やがて自分の経験値としてエネルギーに変わります。

就職をしたくないと思ったら就職はしなくていいし、就職をしたくなったら就職をすればいいと思います。

どんなことも、その時の正直な気持ちで選ぶことが大切です。

まとめ

大学生のとき、将来の進路でたくさん悩みました。

その当時の自分にとって「就職するかどうか」を決断することはとてつもなく大きな問題でした。

最終的には、自分が一番進みたいと思った方向を選びました。

それから今日まで生きてきましたが、後悔していることはありません。

その時の正直な気持ちで選んだことだからです。

もし以前の私と同じような状況の方がいたら、自分の正直な気持ちを大切にしてほしいと思います。

そして、就職はあとからでもできますが、その時の時間はあとから取り戻すことはできません。

「新卒で就職しない生き方」はおおいに経験する価値があります。

その経験をしたうえで、もし就職したくなったらそのときに就職すれば大丈夫です。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

読んで頂きありがとうございました。また是非お立ち寄りください。