ルームシェアのメリット【始める前に聴きたい体験談】友達と楽しく暮らそう

Lifestyle

見て頂きありがとうございます、モリタです。

この記事ではルームシェアを最大限に楽しむために大切なことをご紹介しています。

私は、大学在学中から二年半ほどルームシェアをしておりました。

「トラブルがおこりそう。」「上手くいくか不安」など、ルームシェアに興味はあるものの、心配になる方も多いと思います。

ルームシェアを始めたいけれど迷っている方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ルームシェアをすることのメリット

ルームシェアのメリットをご紹介します。

  • 固定支出費が安い(家賃、光熱費)
  • 家に帰った時の安心感がある
  • 家族のように信頼できるようになる
  • 不在中でも宅配便を受けとってもらえる

他にも細かいメリットはたくさんあると思いますが、一番大きいメリットはとにかく固定支出費が安いです。

家賃、光熱費、ともに住んでいる人数で割るため平均的な一人暮らしの支出よりもだいぶ少なくなります

 私の場合は、家賃9万円(管理費1万円込み)の3LDKに三人で暮らしていたため、家賃は一人3万円でした。

それぞれに個室がありリビングや広いキッチンもあったため、一人暮らしのときよりも開放的な空間で暮らすことができました。

暮らし始める前に気を付けること

経済的にとてもお得なルームシェアですが、暮らし始める前に全員で話し合いある程度のルールを決めておくことが大切です。

  • 金銭管理(家賃や光熱費の期日や、支払い方法)
  • 家事分担
  • 騒音トラブル防止
  • 外部の人を呼ぶとき

まずは、誰がお金を集めて支払うかを決めておきましょう

入居する際、代表者の口座から引き落としをかける手続きを行うため予め決めておくとスムーズです。引き落とし日より前に家賃を集める期日を設けておいた方が良いと思います。

生活するうえで、ごみ出しや、掃除、料理も行う場合は料理など家事は欠かせません。こちらも、分担しておくとトラブルを防ぐことができるためおすすめです。

私の場合は料理はそれぞれで行うようにしていたため食事に関しては何も決めませんでした。

 それから、一緒に生活をするようになると生活音も気を付けなければいけません

幸い、私の場合は三人とも自然とお互いに気遣える関係性だったため、生活音トラブルは起こりませんでしたが、暮らしてみて気になることがある場合は、遠慮せずに話し合いをすることをおすすめします。

そして、もう一つ大切なことは外部の人を呼ぶときの連絡の有無です。

個室はあるものの、家に外部の人が入る際は事前にひとこと連絡を入れた方が良いとおもいます。

もちろん、誰も怪しい見ず知らずの人を連れてくるようなことはありませんが、一言知らせてもらえるだけで、お互いに安心できると思います。

あらかじめ決めることができるルールはなるべく話し合いをしておき、余計なストレスの原因を作らないようにしておきましょう。

お互いのダメな部分も知ったうえで受け入れる

人間である以上、何もかも完璧な人はいません。

それぞれに特徴があり、相性によっては苦手な部分があるかも知れません。

お互い気持ちよく生活するために必要不可欠なことは、ありのままの相手を受け入れることだと私は思います。

私の場合は、既に三年近く一緒にバンドをやってきたためお互いのダメな部分もたくさん知っていました

それを踏まえたうえで一緒にいて楽しいし信頼できる関係だったため、安心してルームシェアを始めることができました。

自分と全く同じ人間はいません。相手のありのままの性格を受け入れることができると、ルームシェアがより楽しいものになると思います。

本当に信頼できる相手と生活する

お互いの生活を共有するということはそんなに簡単なことではありません。

お互いのことをよく知らないうちに生活をはじめてしまうと、「思っていたのと違う」「居心地が悪い」など、トラブルになってしまうケースもあるようです。

ルームシェアをしていることを話すと「仲悪くならない?」と聞かれることが多く、ルームシェアを経験したことがある人の中には、仲違いで終わってしまった。ということもあったようです。

せっかく仲の良い友達とルームシェアを始めたのに、そんな終わり方は悲しいですよね。

ルームシェアは信頼できる相手と生活をすれば本当に楽しい生活です。

私の個人的なお話になりますが、私は一緒に暮らしていた二人のことを心の底から信頼しています

大学一年生の時に二人と出会い、まだ何もわからないゼロの状態から一緒にバンドを作り、たくさんのことを経験し進んできました。

時にはお互いの思いがぶつかりあい、重い雰囲気になったこともありましたが、決して相手の存在自体を否定するような人は一人もいませんでした

一緒にバンドをやっていくうちに、二人が誠実でとても温かい人たちであると思うようになり、一緒に過ごす時間、それ自体がとても大切なものになりました。

ルームシェアを始め一緒に暮らしていくうちに、家族同然の存在だと思うようになりました。

二人と一緒に過ごした時間のすべてが私にとっては良い経験であり、大切な思い出です。

 「この人達となら、お互いの存在を尊重し、信頼することができる。」

そんな風に思える相手とルームシェアを始めることができたら、きっととても楽しい生活をおくることができると思います。

まとめ

お互いにしっかりと話し合い協力することができれば、ルームシェアはとっても楽しいものになります。

家に帰ったとき気心の知れた仲間がいつでもいる環境はとても落ち着くし、毎日が文化祭の前日のような感じでワクワクした気持ちになります。

そして何より、一緒に過ごした時間が大切な思い出となり、家族と同じくらい大切な存在になります

信頼をおける仲間とのルームシェア生活生涯の大切な思い出になるのでおすすめです。

読んでいただきありがとうございました。また是非お立ち寄りください。