【睡眠ストレス解消】昼夜逆転生活から夜10時就寝に変わるまでの経緯

Lifestyle

見て頂きありがとうございます、モリタです。

誰もが人生の中で、睡眠に関する悩みを抱えることがあると思います。

私も以前、昼夜逆転など睡眠リズムの乱れがあり悩んでいました。

この記事では、昼夜逆転生活から夜10時就寝に変わるまでやったことについて書いています。

  • 睡眠に関する悩みがある
  • 一日中疲れがとれない
  • 気持ちよく眠りたい

睡眠を改善したい方は是非ご参考にご覧ください。

スポンサーリンク

昼夜逆転生活を変えたいと思ったきっかけ

  • 起きた時のだるさ、疲れ
  • 悪循環
  • 健康的な生活をしたい

大学に入ってから夜型になっていました。それはそれで楽しかったのですが、だんだん疲れを感じることが多くなりました。

「朝すっきり目覚める生活をしたい。」

そう思い、夜型生活からの卒業を決意しました。

引っ越しによる環境変化

それまでルームシェア生活をしていたのですが、それぞれの就職に伴い終了しました。

家に帰って、常に仲の良い友達がいる状況だと、楽しくてついつい夜更かしすることが多かったです。

とにかく気楽でのんびりとしていて、人生の夏休みのような、穏やかな時間でした。

転職で起床時間が強制的に変化

1人暮らしになり、新しいことをしたいと思い就職しました。

それまでは、お昼ごろまで寝ていましたが、就職に伴い強制的に起床時間を変更。

急に起床時間が変わったため、就職したばかりの頃はけっこう大変でした。

せっかく平日に早起きしても、疲れが溜まり、土日で寝すぎて昼夜逆転に逆戻り、、。

月曜の朝が一番疲れている状態でした。

週刊少年ジャンプ(毎週月曜日発売)のおかげでなんとか乗り越えることができましたが、それがなかったらかなりしんどくて挫折していたかもしれません。

勉強とジム

それまでは毎日遊んでばかりで、勉強から遠のいていましたが、基本情報を取得したいと思い、けっこう勉強しました。

それから、引っ越してジムが近くなったので、ほぼ毎日行くようになりました。

  • 朝の通勤中に試験勉強
  • 仕事が終わってからジムで筋トレ
  • 疲れて早めに寝る

勉強と運動をすることによって、頭も体も動かしていたので、疲れて早く寝るようになりました。

ただ、気が緩むとついつい夜更かしをしてしまうこともあり、相変わらず月曜の朝は疲れ切っていました。(笑)

夜10時に電気を消すと決める

早寝早起きを習慣化するためには、マイルールを設定することが有効です。

「夜10時に電気を消す」

いきなり寝る時間を早くすることは難しいかもしれませんが、電気を消すことなら今日からでもできます。

無理のないルールを設定して、体を馴染ませていくことで習慣化できるようになります。

おすすめです。

睡眠の習慣化は時間がかかる

一時的に変えることはすぐにできるかもしれませんが、それを習慣化するのには時間がかかります。

焦らず長い目で、少しずつ変えていくことが大切です。

  • 頭と体を使う
  • 暴飲暴食を控える
  • 夜10時に電気を消す

いきなりすべてを変えるのではなく、時間をかけて少しずつ変えていき、体に馴染ませていきました。

習慣化できると、それが当たり前になるので、すっと眠ることができるようになります。

まとめ

夜型生活も楽しいですが、朝すっきりとした状態で目覚められると、一日がもっと楽しくなります。

集中力や行動力も上がります。

一気に変えるのではなく、無理のないペースで少しずつルールを設定して体に馴染ませていくのがおすすめです。

読んで頂きありがとうございました。また是非お立ち寄りください。