転職後の【住民税決定通知書】送られてきた時の支払い方法

Lifestyle

見て頂きありがとうございます、モリタです。

この記事は転職後の住民税についての記事です。

「今まで会社に全部やってもらっていたからわからない」

「書類まとめて届いたけど、どうすればいいのかわからない」

実際、私も転職後に住民税決定通知書が送られてきて、最初とまどってしまったので、同じような状況の方がいたら、この記事を参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

住民税とは?

住民税とは市民税、都道府県民税を合わせた名称です。

前年の1月~12月の所得に応じて計算される「所得割」と、定められた一定の額「均等割」を合算して税額が決まります。

納付方法は

  • 普通徴収(個人宛に通知書が届き、各自で支払う)
  • 特別徴収(毎月の給与から天引きされ、会社がまとめて納付する)

2つあり、会社につとめている方は「特別徴収」。個人事業主など会社に属していない方は「普通徴収」になります。どちらで支払っても総額は一緒です。

「特別徴収」の場合は、会社に通知書が届くため会社でまとめて行ってくれます。

納付者本人の給与から毎月天引きされるため、その他の手続きを本人がする必要はありません。

「普通徴収」の場合は、6月に住民税決定通知書が自宅宛てに届きます。

4回に分かれた納付書が一緒に入っているので、そちらを各自で支払い納付完了です。

※1活払い、自動振り込み申し込み用紙など支払い方の方法がいくつかあり、決定通知書の中に一緒に入っています。各自で支払いやすい方法を選択可能です。

転職のタイミングで通知書が届いた

「会社に勤めているのに自宅に通知書が来た。。。どうしよう」

転職後、このようなパターンの方がいるかもしれませんが安心して大丈夫です。

私も、転職後まもなくして通知書が届きました。

偶然にも、5月末に前の職場を退職し6月~新しい会社で働き始めたため、私の徴収方法が普通徴収に切り替わっていたようです。

転職の際の手続き方法は以下の3つがあります。

  • 普通徴収
  • 一括徴収(最終給与から翌5月分までを一括で差し引き、会社で支払う)
  • 特別徴収継続(転職先で引き続き毎月の給与から天引きされ、転職先の会社で支払う)

(※私の場合、ちょうど5月分まで前の職場で天引きされたため、そのタイミングで普通徴収になっていました。)

もし、私と同じように転職後に普通徴収に切り替わり通知書が届いた方は、まずはじめに会社の担当の方にお伝えしましょう。

会社によっては、「特別徴収に切り替える手続きをします。」というところもあれば、

「自分で納めて大丈夫です。」というところもあります。

どちらで支払っても、金額に変わりはないため安心して大丈夫です。

次の年からはどうなる?

その年の分を普通徴収で納め、翌年の6月以降も同じ会社に勤務している場合は自動で特別徴収に切り替わります。

会社に通知書が届き、給与からの天引きが始まるため、特に手続きなどはしなくて大丈夫です。

もし、再び転職や退職などした場合は、退職時の支払い方法(前項参照)により異なります。

不安な方は、退職時の支払い状況をその会社の担当の方に確認しておきましょう。

まとめ

初めての方は、それまで会社で手続きをしてもらっていたため、いきなり住民税決定通知書が届くとびっくりしてしまうかもしれません。

私もすごくびっくりしました。

でも、どちらで支払っても金額は同じですのでご安心ください。

そして、もしわからない場合は会社の担当の方にお聞きするのがおすすめです。

読んで頂きありがとうございました。また是非お立ち寄りください。