【月収10万円以下で生活】週2~3回のバイトだけで過ごしてみた時の話

Lifestyle

見て頂きありがとうございます、モリタです。

バンド休止後、全く気力が湧かず最低限のバイトだけして生活していた時期がありました。

この記事では、月収10万円以下で生活したときのことを書いています。

  • 気力がわかない
  • 人生の夏休みが欲しい
  • とにかく休みたい

こんな思いをお持ちの方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

気力0。とにかく何もしたくなかった。

大学卒業後、無気力になっていた時期がありました。

バンドの活動休止がきっかけで、それまでバンドで過ごしていた時間がぽっかりと空いてしまいました

それまでの疲れが一気にでたこともあり、とにかく疲れてたので、「何もしたくない」状態。

  • 判断力、思考力がなくなる
  • とりあえず休みたいという気持ちでいっぱい

その時は、前に進むエネルギーが全くなかったため、しばらく休むことにしました。

外に出るのはコンビニorスーパーのみ

最初の2週間くらいはバイトをお休みし、ほぼ家から出ませんでした。

外にでるのは、食料を買いにコンビニorスーパーへ行くときのみ。

それ以外はずっと部屋でトレクル(ワンピースのゲーム)をしたり、有吉さんアルコ&ピースさんのラジオを聴いたり、ベランダでぼーっと過ごしていました。

幸いだったのは、その時ルームシェアをしていたため、家に人がいる安心感もあり、そこまで寂しさは感じませんでした。

昼過ぎに目覚めて、ベランダでぼーっと日光浴。(これが物凄く幸せ)

お腹が空いたら近くのスーパーへ行き、お弁当を買う。

あとは何も決めず、テレビを見たり、漫画を読んだり、ただただ休む

今振り返ると、これはこれでけっこう幸せな時間だったなぁと思います。

最低限の生活費を稼ぐためバイト

そんな生活を続けていましたが、最低限の生活費は稼ごうと思い週に2~3回だけシフトを入れることにしました。

  • 居酒屋バイト
  • 1日12000円
  • 資格手当月10000円

学生の頃からお世話になっていたバイト先で、日給のほかに、資格手当もあったのでかなり恵まれたバイトであったと思います。

変動はありますが、だいたい月10万円で、そこからいろいろ引かれて8万弱。

収入はこんな感じで週休4~5日生活を送っていました。

週休4~5日生活の主な出費

「必要最低限だけ働いて、あとはぼーっとして過ごす。」

その時期は完全に心も体も休めること第一だったため、あまり計画や予定は立てず、ほとんど家にいました。

ある程度、貯金があったのも大きかったと思います。

とりあえず、「そんなに無理して働かなくても、生きてはいける。」と思い、精神的負担はありませんでした。

  • 家賃3万円
  • 食費3万5千円
  • 光熱費3千円

ルームシェアをしていたので、固定支出費があまりかかりませんでした。食費は、だいたい一日千円くらい。

収入10万円以下でも最低限、生活していくことはできます。

もし、疲れすぎて、無気力で、とにかく休みたいと思っている方は一度休んでみても食べてはいけるので大丈夫です。

徐々に回復

3か月くらいたった頃、だんだん心と体も回復してきて、やりたいことが増えてきました。

ディズニーへ行ったり、伊豆高原でのんびり温泉に入りながら海を眺めたり、貯金を使ってやりたいことをやって過ごしました。久しぶりの遠出は新鮮でとっても楽しかったです。

そのうちに、「やっぱり、ずっと部屋にいても退屈だし、遊ぶ時間とお金も必要だなぁ」と思うようになり、週2~3回バイトの月収10万円生活は終わりを告げました。

疲れたときは無理しなくていい

3か月ほどではありますが、月収10万円生活を送ったことでだいぶ心が気楽になりました。

  • 気力が湧かないときは無理しなくていい
  • ゆっくり休めば、そのうち回復する
  • 人生は長いのだから、焦らず回り道をしても大丈夫

それまでの自分は、人生に対して焦りを感じていたと思います。

仕事、バンド、生活、様々な部分でいっぱいいっぱいになり、心が狭くなってしまっていました。

一度、全てを手放して休んでみて、本当に良かったです。

焦りや不安は無くなり、「人生、つまづいてもなんだかんだ生きていける。」と思えるようになりました。

人生は長い。時には思いっきり休むことも必要

その後、先輩からバンドに誘っていただき、またギターを弾くようになったり、活動休止していたバンドが再開したり、良いことがたくさんありました。

あの時、疲れ切っていた状態で無理に続けていたら、きっとバンドは辞めていたと思います。

疲れたときは、無理しない。とにかく思いっきり休む。

人生は長いので、無理に進まず、疲れた時には思いっきり休んでみるのもおすすめです。

まとめ

月収10万円の生活。

新しい発見がたくさんあり楽しい時間でした。

疲れた時は無理せずにゆっくり休むことが大切です。

回り道をすることでしか見えない景色、過ごせない時間がたくさんあります。

人生に対する忍耐力があがります。

以前の私と同じような悩みをお持ちの方にとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

読んで頂きありがとうございました。また是非お立ち寄りください。