【仕事と筋トレ】システムエンジニアが筋トレを続ける理由について考えてみる

Lifestyle

見ていただきありがとうございます、モリタです。

この記事では、システムエンジニアである私が、筋トレを続けている理由について書いています。

  • デスクワークに筋トレは必要?
  • 余計に疲れるのではないか。
  • なぜ鍛えるの

興味のある方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

はじめたきっかけ

社会人3年目になり、だいぶ仕事にもなれてきました。

今までのことを振り返ってみた時、仕事とセットで、筋トレも継続していることに気が付きました。

はじめたきっかけは、「変わりたい。」と思ったからです。

まだ、フリーター生活を送っていた頃の夏、あまりの暑さに耐えきれず、「久しぶりに泳ぎたい。」と思い、紹介してもらったプール併設のジムへ行きました。

運動後のスッキリした気持ちを思い出し、「また運動しよう」と思いそのジムに入会しました。

それまでは昼夜逆転不健康バンドマンでしたが、緑谷出久くんのように強くなりたいという気持ちが芽生え始め、ジムへ行く回数が増えていきました。

最初はプールメインでしたが、マシンにも興味がわいてきて、筋トレの頻度が増えました。

そんな感じで、気が付いたら生活の一部になっていました。

活力が上がり、生産性が高まる

筋トレをすると、活力がみなぎってきます。

自分の限界を超えたいと思って日々過ごせるようになり、忍耐力や最後までやりきる力がついていきます。

わからないことや未経験のことも、「どうすれば出来るようになるか。」を考え、取り組むことができるようになります。

また行動力があがり、一日の生産性が上がったと感じることが多いです。

ストレスを抱えず快適に過ごすため

体を動かすことで、ストレスを発散することができます。

ストレスや悩み事を貯め込まず、快適な日々を過ごすために筋トレは欠かせません。

様々なことへ挑戦する自信がつく

何か一つでも続けていることがあると、自信につながります。

料理、絵を描く、本を読む、ブログを書く、曲を作る、バンドをやる、野球をする、泳ぐ、筋トレをする、、etc。

など、何でも良いと思います。

何か一つのことを続けることで、物事への取り組み方や考え方が磨かれていきます。

それを他のことにも応用することで、様々なことへ挑戦する自信がつきます。

趣味。楽しくて好きだから。

いろいろと考えてみましたが、結局は、楽しいから続けているのだと思います。

筋トレをすることが好きだし、終わった後のスッキリした気持ちも好きです。

爽快な気持ちで一日を過ごすことができます。

のんびりとお風呂に入って、マッサージをしてくつろいで、程よい疲れに包まれて眠りにつく。

翌日目が覚めて、筋肉痛と眠気に包まれながらも、プロテインを飲んで目を覚まし、ジムへ行き、違う部位のトレーニングに励む。

そんな日々が楽しくて好きなので続けています。

何か一つでも好きなことがあると、仕事にも意欲的に取り組むことができるし、楽しいと思えることが増えます。

まとめ

「ショルダープレスをしたら、天才的なアルゴリズムを生み出すことができた。」というようなことはないかもしれませんが、少なくとも、筋トレをすることは日々の活力につながるので、私は無駄だとは思いません。

筋トレが楽しくて好きなので、これからも続けます。

読んでいただきありがとうございました、また是非お立ち寄りください。