【「心配性」との向き合い方】コントロールできるようになれば長所になると感じた話

Lifestyle

見ていただきありがとうございます、モリタです。

この記事では、「心配性」との向き合い方について書いています。

  • 考えすぎてしまう
  • 心配ばかりでストレス
  • 中々行動できない

興味のある方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

心配性のデメリットは精神的な疲れが多いこと

「もし、○○だったらどうしよう。。」と常に考え、心配していると疲れてしまいます。

  • あれもこれも考えてしまい、余裕がなくなる
  • 中々行動できず、自己嫌悪になる
  • 常に気を張っているので、疲れる
  • 精神的な疲れがとれない

何をするにも心配が先回りしてしまい、心配することに時間と労力をとられてしまいます。

それが続くと、精神的な負担が大きいため、とても疲れてしまいます。

心配事の9割は起こらない

心配事の9割は起こらない―――減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 三笠書房 電子書籍 | 枡野 俊明 | 仏教 | Kindleストア | Amazon
Amazonで枡野 俊明の心配事の9割は起こらない―――減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 三笠書房 電子書籍。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

ある時、Kindle unlimitedで読みたい本を探していた時に、上記の本のタイトルが目に入ったので読んでみました。(Kindle unlimited、たくさんの本が読み放題なので本が好きな方おすすめです。)

悩みのほとんどは、妄想や思い込みなのだと書かれていて、「確かにそうかも。」と思い、気が楽になりました。

また以前、お世話になっていたライブハウスの店長に、「心配なことは、実際に起こった時に悩めば大丈夫。」と教わりました。

心配になった時は、「悩むのは、実際に起こった時にしよう。」と思うようにしています。

心配している自分の状態を理解する

「あ、今、自分は心配をしている。」

と、自分の状態を俯瞰することで、冷静に向き合えるようになりました。

自分の状態を理解し、コントロールできるようになるととても楽です。

コントロールできるようになると長所に変わる

それまでは、心配性に振り回されて疲弊していましたが、自分の状態をコントロールできるようになってから、「心配性は長所。」と思えるようになりました。

  • 様々なケースを事前に予測できる
  • 危機管理能力が高い
  • 安全運転できる

様々なケースを事前に予測できることは、仕事で大変役に立っています。システム設計において、様々なパターンを想定して考えることで、最適な設計ができるようになります。

また、心配できる。ということは危機管理能力が高いということでもあります。危機管理能力が高いと、安全運転できます。

まとめ

自分の状態をコントロールできるようになると、心配性は長所になります。

もし、以前の私と同じように、心配性で疲れを感じている方は、自分の状態を俯瞰してとらえてみるのおすすめです。

読んでいただきありがとうございました、また是非お立ち寄りください。