【朝に筋トレをするメリット】出社前にトレーニングをするようになった理由

Lifestyle

見ていただきありがとうございます、モリタです。

この記事では、朝に筋トレをするメリットについて書いています。

2021年になってから、筋トレの時間を朝に変えました。

  • 朝のトレーニングを始めたい
  • 夜と朝どっちがいいか迷っている
  • 毎日を楽しみたい

こんな思いをお持ちの方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

出勤前に好きなことをしたい

「仕事に行く前に好きなことをしたい。」

私が筋トレの時間を朝に変えた一番の理由は、一日の初めに好きなことをしたいと思ったからです。

「体も心もエネルギー満タンな状態で、好きなことができたら良いなぁ。」と思い、それまで仕事終わりにやっていた筋トレを、朝にシフトしました。

ほぼ貸し切り状態でジムを使える

朝に変えたもう一つの理由はほぼ貸し切り状態でジムを使えるからです。

私の通っているジムでは、通常営業時間にプラスして、夜間~早朝も使えるプランがあります。

プールやマッサージエリアなど一部使えない部分もありますが、私が使用しているマシンは使えるので、このプランに変えました。

最高に幸せです。

夜にトレーニングしていた時よりも少ない時間ですが、効果も質も今の方が高いです。

集中して朝のトレーニングに励んでいます。

スッキリした状態で仕事に取り組める

運動後の心地よい状態で仕事へ行くので、何のストレスもなく仕事に取り組めます。

以前は長時間のPC作業で首、肩の疲れがありましたが、現在は全くありません。

筋トレをすることで血行促進され、快適な状態で仕事に取り組めるので、もしそのようなお悩みがある方は朝のトレーニングおすすめです。

集中力が高まり、心に余裕がもてる

以前は「早く仕事終わらせてジム行きたいなぁ。」と思って、ちょっとしたストレスを感じてしまうこともありました。

先にトレーニングをすることでそのようなストレスは一切なくなりました。

むしろ、仕事中は体を休めて超回復するための大事な時間と思い、ゆっくり体を休めながら、全力で頭を動かしています。

特に午前中は、集中力の高い状態で取り組めるようになりました。

午後4時~6時あたりで気絶しそうになる

メリットだらけの朝トレーニングですが、デメリットもあります。

私の場合は、午後4時~6時あたりで気絶しそうになります。

早起きに加えて、運動もしているので、凄まじい眠気に襲われることがあります。

対策として、私の場合は以下のことをしています。

  • お昼ご飯を軽めにしておく
  • 眠気を感じたら散歩へ行く
  • 炭酸水の刺激で目を覚ます
  • 歯磨きをする

仕事がおろそかになっては本末転倒なので、上手にリフレッシュをして乗り越えています。

起床後すぐはNG。

それから、起床後すぐにトレーニングをするのはNGです。体が起きていない状態でトレーニングをしてしまうと怪我につながります。

起床後は、ゆっくりと起き上がり、お湯を飲んで体をあたため、バナナで糖質補給をするのがおすすめです。

私は起床後、45分~1時間は空けてからジムへ行きます。

早寝早起きの習慣が身に付く

朝早くに起きて運動をすることで、夜は眠くなります。

自然と早く眠れるようになり、また次の日の朝早く目が覚める。

この繰り返しで、早寝早起きの習慣が身に付きます。

「今日も一日やりきった。」

心地よい達成感で眠りにつくことができるので、朝の運動おすすめです。

まとめ

朝に筋トレをするようになってから、トレーニング以外のことも捗るようになりました。

  • 集中力を高めいたい方
  • 気持ちよく、一日をスタートしたい方

朝のトレーニングはとてもスッキリするのでおすすめです。

読んでいただきありがとうございました、また是非お立ち寄りください。