【平日の疲れを軽減する方法】疲れた日こそジムに行くべき理由とその効果

Lifestyle

見て頂きありがとうございます、モリタです。

この記事では、疲れた時こそジムへ行き運動するべき理由とその効果について書いています。

  • 通勤電車で体力を削られる日々
  • 疲れが全く取れず、一日中だるい
  • 朝起きた瞬間から、家に帰りたくて仕方がない

疲れを軽減したい方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ジムはエネルギー溢れる空間

ジムに行くべき理由の一つ。それは、ジムに行くだけでポジティブになれるからです。

ジムはエネルギーが溢れる空間。

健全でポジティブな感情がうずまいています。

また、それぞれの目的があって来ているため干渉されたり害されたりすることがありません

心に余裕があり、マナーもしっかりとしている人しかいないため、ストレスをかけることなく楽しい時間を過ごすことができます。(体にはガンガン負荷をかけている方ばかりです。)

満員電車で疲弊した心が一瞬で回復する最高の空間です。

精神的な疲れは体を動かして回復

「疲れたなぁ」と感じている時。

ただ単純に体が疲れて、体力限界なときは無理する必要はありません。

しかし、脳や心が疲れてしまっているときはジムへ行って気分転換した方が良いです。

  • 運動不足解消
  • 習慣化することで精神が安定する
  • 自分と向き合う時間を作ることで心を整理できる

運動することで気持ちが晴れやかな気分になり、スッキリします。また継続することで精神も鍛えることができます。

筋トレは自分と向き合う時間です。

自分次第で解決できる悩みは、速攻でジムへ行き解決してしまいましょう。その日のことはその日のうちに解決して、安心して熟睡することができます。

感情による判断ミスを防ぐ

疲れた状態の時、感情で行動してしまうのは危険です。

  • 暴飲暴食
  • 夜更かし

一時的にはストレス解消されるかもしれませんが、翌日にさらなる疲れが押し寄せます。

予めジムに行くと決めておき、感情に左右されることなく行動しましょう。

最初は「今日は疲れたしやめとこうかな。」という迷いが生まれるかもしれませんが、そこで感情0にして通い続けることが大切です。

やがて行かなければ落ち着かない状態に変わります。

連続でのトレーニングはNG

同じ場所ばかり毎日鍛えていては怪我につながります。

  • ローテーションで各部位を鍛える
  • 水泳、ランニングなどの日もつくる
  • オフの日はサウナやマッサージなどでリフレッシュ

筋トレ以外にもジムでは様々なことができるため、無理のない範囲でスケジュールを立て筋肉の成長を楽しみましょう。

サウナで血流を良くする

身体を動かした後は、サウナに入り血行促進するのがおすすめです。回復力を早めます

熟睡できるのでおすすめです。

筋トレのことで頭がいっぱいになる

しばらく続けていると、筋トレに夢中になり頭の中が筋トレのことで埋め尽くされます。

  • 余計なことを気にしなくなる
  • 「早くジムへ行きたい」という活力が溢れる
  • 毎日が楽しくなる

ジムに通い続けることで、疲れ知らずの健康的な心と体を手に入れることができます。

体力、集中力、忍耐力が上がる

日頃から運動する習慣を身に着けることで、体力、忍耐力は確実に上がっていきます。

生産性を高め、ぱっと仕事をして、終わらせ、ジムへ行く。

この繰り返しで、余計な疲れを寄せ付けない生活へと変えていきましょう。

体の変化を実感できるのが楽しい

疲れたときこそジムに行くべき理由として、最後にもう一つ。

単純に楽しいです。

  • スーツを着たときに感じる変化
  • 歩いている時の心地よい筋肉痛(スミスマシンでのスクワット後が特におすすめ)

日常の中に楽しみが増え、モチベーションも上がります。

まとめ

疲れたときに、暴飲暴食や夜更かしに走ってしまうと余計に疲れが溜まってしまいます。

疲れたときこそ、いつも以上に筋トレに励むことで翌日のパフォーマンスがあがるのでおすすめです。

読んで頂きありがとうございました。また是非お立ち寄りください。